正式にはノンフリート等級別料率制度という名で呼ばれ

自動車の保険には読者の方ももうご存知かと考えられますが、通称「等級」というランク付け存在します。山口孝志

正式にはノンフリート等級別料率制度という名で呼ばれ、掛金に大きく影響を与えています。山口孝志

等級というのは、車の保険の被保険者の公平さを担保することを主眼とするので、自動車事故を起こす危険性または車の保険を利用する恐れが大きければ大きいと見込まれるほど掛金が高くなります。

その反対にアクシデントを発生させる現実味がほとんどなく、自動車の損害保険を使われることはないだろうと認められる利用者に関しては危険度の低い運転手であると認められ保険料金が値下げされます。

安全に自動車をりようするドライバーのほうがそうでない人より優遇される仕組みなので、自動車事故を生じさせてしまいやすい被保険者には多少不利な枠組みであるといえるでしょう。

等級という枠組みは、優秀な加入者と事故の確度が高い加入者の保険の掛金が変わらないと公平でないと思ってしまう客が大多数なので、保険の提供側からしてもリスクを減少させるために必須の枠組みだといえるのです。

では、等級とは具体的には一体どういったものか端的に説明させていただきます。

最初に、等級は1等級より20等級まで定められ、数字が増加すると保険の掛け金が割り引かれるようになっていることが重要です。

また、1等級より3等級までは割り引かれず、反対に高くなり交通事故を生じさせてしまい、保険を適用してしまうと等級が三つ低くなり負担が大きいクルマの損害保険を払うことになってしまいます。

そして新規でクルマの損害保険に申請する場合は6等級よりの始まりになりその時から等級が低くなるのか増えていくのかは被保険者によります。

ですから、保険の掛金を低くしたい方は、交通事故を生じさせないように安全な運転に努めていくのがまずは最も効率的です。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.instatusapp.net All Rights Reserved.